振られた後で逆転した女性のエピソードとドア・イン・ザ・フェイス

出会いは意外に多い方だと思うけど、告白する度に振られちゃって彼氏がいっこうにできないっていう人、私の周りにも結構いるんですよ。

でも、なかなか彼氏ができない人に共通していることは「諦めるのが早い」ってケースが多いようです。

そりゃ女優さんのような容姿を持っていれば告白し放題、彼氏出来放題なんですけどね。

でも、私を含めて平均点女子だって普通に彼氏を作ってますし、意外にイケメンをゲットしてたりします。

よっぽど性格美人だからなのか、見た目など気にさせることのない、突き抜けた何かを持っているからなんでしょうか?

違いますよ、彼女たちはすぐには諦めないしぶとさと、意識せずに「ドア・インザ・フェイス」の心理学を使いこなしているから凄いんです!

この心理テクニックは、むしろ振られてからがスタート、一発逆転する方法を実践してください。

なかなか彼氏ができないワケ

出会いもあるし、告白もしているけど彼氏ができない人って、似たような行動を取ってるんですが、それに気づいている人って少ないんです。

こんな行動に心当たりありませんか?

~彼氏が出来ない人の行動~

  • 振られたらすぐに諦める
  • 一度断られたら完全撤退
  • 想いが弱い
  • チャンスを自ら放棄

これを見た時に、恐らく上の2つは自覚があると思うんですよ。

でも、想いが弱くなんてないし、チャンスだって自ら放棄してないって反論するんじゃないでしょうか。

ホントにそうでしょうか?

男性が告白を断る理由

これまで男友達の話をたくさん聴いてきた経験から判断すると、男性が告白を断る理由はだいたい5つくらいに絞られるように思います。

~男性が告白を断る主な理由~

  1. 生理的に受け付けない
  2. 付き合っている人がいる
  3. 他に好きな人がいる
  4. 別れた彼女のことを引きずっている
  5. まだ相手のことをよく知らないから

①に至っては諦めるのが賢明、どんなに頑張っても恋愛に発展する可能性は万が一もないと思った方が時間を無駄にせずに済みます。

②については、チャンスがないことはありませんが、おすすめしません。

誰かを不幸にして手に入れた幸せは自らにも同じように降りかかる可能性があります。

彼女を簡単に乗り換える男性は、たとえ付き合うことが出来たとしてもあなた以上の女性が現れたとき、同じことを繰り返す可能性が高いからです。

そして、先ほど想いが弱い女性が多いと言ったのは、③のケースで諦める人が多いからです。

彼と彼が気になっている女性はまだ付き合ってもいないのになぜ撤退する必要が?

「他に好きな人がいる」って返事は男性がよく使う断り文句で、実際にはそんな人はいないケースがほとんどです。

好きな人がいるっていうから身を引いたのに、最近知り合ったばかりの女性と付き合ったらしいなんて話、どれだけ聞いたことか。

さらにもったいないのは、出会って間もないうちに、あなたから最終結論をせかしてダメになってしまうこと。

これも結構多いケースで、あなたのことをまだ良く知らないので今は付き合えないだけなのに、自ら拒絶されたと判断して撤退してしまうこと。

もう少し落ち着いてアプローチすれば、彼があなたの魅力に気づいて、素敵な日々が待っていたかも知れないのに・・・。

振られグセがついている女性は片思いの辛さから白黒ハッキリさせたい病に掛かって、まだ結論を要求する段階ではないのに、自らチャンスを放棄して、振られると次の男性へ・・・。

このケースはいつまでたっても彼氏が出来ないので特にタチが悪い。

「ノー」をチャンスに変える方法

ひめ焦左

わかった、もう諦めない。
綾野くんに振られちゃうかも知れないけど、熱い想いで何度でも交際を申し込むって決めた!


ぱる笑右

頑張れひめちゃん! 綾野くん彼女いないみたいだし、猛アタックすればいけるよきっと。


エリ困右

ハイ、二人とも残念! それ、逆効果だから。
諦めない気持ちは正解だけど、やり方が間違ってるの。

もし、あなたが男性の立場だったとすると、一度お断りした女性から何度も何度も「付き合って欲しい」と言われたらどう感じます?

私なら「しつこい、勘弁して」と嫌いになっちゃうと思います。

下手するとストーカーだと思われるかも知れません。

「付き合ってほしい」という大きな要求をエスカレートさせても相手は引いてしまうのがオチです。

ひめ驚左

す、ストーカー? じゃぁどうすればいいのよ~。


エリ笑右

大きな要求が拒否されたら、すかさず小さなお願いをたたみかける「ドア・イン・ザ・フェイス」を使うの!


ドア・イン・ザ・フェイスとは?


ドア・イン・ザ・フェイスは段階的に要求を下げることで、承認が得やすくなるという心理を利用した交渉術の一種で、本来の要求を通すために、はじめに過大な要求を提示し、断られたら本命の小さな要求を出すと通りやすいとされています。

要求を通して逆転する方法

ひめ笑左

う~ん、まずは一緒に食事行きたい!


ぱる笑右

せめて毎日ラインでやりとりしたいなぁ。

まずは最低限これだけは達成したいという目標を決めましょう。

その際、達成したい要求は高すぎないようにしてください。

ドア・イン・ザ・フェイスは段階的に要求を下げることで本来の要求を通す方法ですが、1つの大きな要求の後で小さな要求をするのは基本1回のみです。

そして、本来達成したい要求とフェイクの過大な要求は適度な要求度合いの差があるとさらに効果的です。

ひめ笑左

綾野くん、今人気の表参道にあるフレンチに一緒に行きませんか?


イケメン右

えっ? いや~ちょっとそれは・・・ごめん。


ひめ焦左

そうですか・・・。
・・・じゃぁ、綾野くんがいつも仕事帰りに立ち寄っているっていう駅前の焼き鳥屋さん、今度私もご一緒してもいいですか?


イケメン右

あ、あぁ、それは全然オッケーだよ。

ひめちゃんは、あえてカップルで行くような食事という高い要求を提案し、ダメなら綾野くんのテリトリーで食事にご一緒したいと、一気に心理的負担とハードルを下げたことで成功することができたのです。

  1. 断られるのを承知であえて高い要求を突きつける

  2. 断れるも相手が「申し訳ないなぁ」と思ったらチャンス!

  3. 今度はハードルを下げた要求を投げかける

  4. これくらいは応えてあげようという気持ちになる

エリ悪右

そしてこれは序章に過ぎません。
一度成功したらさまざまなシーンで活用して気がつけば・・・フフッ♡


ぱる笑左

岡田さんっておもしろ~い。
毎日会ってお話しできたら楽しいだろうなぁ・・・。


ハンサムさん右

ははは・・・。


ぱる真剣左

毎日お会いするのはさすがに迷惑と思うので、せめてラインしてもいいですか?


ハンサムさん右

もちろんだよ、いつでもラインしてよ。

一度振られたのに逆転してカップルになった友人

私の友人は前々から素敵だなと思っている男性がいましたが、その方には可愛い彼女がいてどうしょうもないと思っていました。

ところがある日、ひょんなことから二人が半年前に別れたとの情報を得て、彼女はいてもたってもいられずに彼にアプローチしたんです。

すると、返ってきたのは、「今は恋愛は考えられないからごめん」の残念な返事。

彼は前の彼女を今でも引きずっているようでしたが、それでも、前々から好きでしょうがなかった彼のことを、ここで簡単に諦めたら後悔すると思ったそうです。

そして意を決してこう切り出しました。

「わかりました。○○さんが今はそんな気分じゃないことも十分わかります。ただ、これからもお友達でいさせてもらえませんか!」

そのとき彼女は「ドア・イン・ザ・フェイス」の心理術を知っていたわけではないのですが、わらにもすがる思いでなんとか彼とのつながりを作ることが出来たんです。

その後、何か都合をつけてはラインをしたり、時にはお友達数名をまじえて交流を続けていました。

それを知っていた私はあるひとつの心理術を授けました。

それは「ドア・イン・ザ・フェイス」とは対極の心理術である「フット・イン・ザ・ドア」です。

それから半年後、なんと彼女は彼とお付き合いすることが出来ました!

これも振られたあの日、恋人でなくてもいいからお友達でいさせてほしいというドア・イン・ザ・フェイスのアプローチがあったからです。

彼の気持ちを察することが出来ずに、自ら身を引いてしまっていたら二度と彼と会うこともなかったかも知れません。

まとめ:断られたら逆転して願いを叶えるチャンス!

もしも、今まで意中の人から簡単に身を引いていたなら、諦めなければチャンスはあることを覚えていてほしい。

そして、いきなり告白するよりは、それより一歩前の願いを叶えることです。

食事に誘う、映画に誘う、共通の趣味の何かに誘う。

そして、あえてちょっとだけ難易度の高い要求をしてみましょう。

もし、意中の相手が断って申し訳ないなと思っていたらチャンスです。

今度はハードルの低いお誘いをしてみましょう。

良い返事が聞ける確率がぐっと高まります。

どんな人でも彼氏を作るときは少なからず同じように悔しい想いや辛い経験をしているものです。

たった一度のノーで諦めず、それを乗り越えた先にはあなたが本当に望んでいた未来が待っていますよ。

だから諦めないで。