運命の人との出会いの前兆とエピソード!今あなたがすべきこと

あなたは「運命の人との出会い」を信じますか?

信じている人からは反感を買うかもしれませんが、運命の人との出会いほどいい加減なものはないと私は感じています。

それを決めるのはその本人の価値観に委ねられていて、当人にとっては運命の出会いでも、第三者から見て「???」ってことがたくさんありますよね。

でも、多くの人が運命の出会いと感じている現象には、ある共通点があるとも私は考えています。

それはいくつかの心理学の現象で説明できるからです。

裏を返せば、運命の人との出会いは心理学を使ってたぐり寄せることも可能かもしれないという考察をお話しします。



運命の出会いが起こる前兆

残念ながら私は「運命の出会い」を感じたことがなくって、ずっとそれがどんなものか興味があったんですね。

だから思ったわけです、取りあえず彼氏のいるお友だちの多くに「運命の出会いを感じた事ってある?」って聴いてみようと。

そしたら結構な確率で今の彼氏との出会いこそ運命の出会いだと言うんですよ。

しかし、数ヶ月後には運命の彼と別れている子もいて、結局は運命の出会いとこじつけたいだけで、本当の運命の出会いってますます判らないな・・・って

ここでひとつの仮説を立てたんですけど、運命の出会いって結果論ではないかと。

最終的に恋愛が上手くいって結婚したとか、幸せな家庭を作って振り返った時に運命的な出会いと言えるのではないでしょうか。

そして同時に世の中の女の子が感じている「運命の出会い」って心理学で説明できるんじゃないかと考えたわけです。

運命の出会いの前兆は必然だった?

ここから本題に入るのですが、一般的に言われるような出会いの前兆はほとんどが心理学で説明できます。

代表的なものだけを取り上げてみますが、下記の4つ現象は私に言わせると奇跡でも偶然でもなく単なる必然です。

もしあなたが運命に対して淡い幻想を抱いているなら、この先お話することはあなたの夢を壊してしまうかもしれません。

よく言われる運命の出会いの前兆

  • 別れがある
  • 環境が変わる
  • 偶然が続く
  • 恋愛に執着しなくなる

失敗や失恋した後の出会い

多くの占いや恋愛コラムに共通して書いてあることなんですが、新しい出会いをするには、そのスペースを確保するために別れが必要なんて書いてますが、私にはこじつけにしか感じられません。

人の出会いにそれぞれの許容量があるなんて聴いたことがありませんし、なんの根拠もありません。

でも心理学的に考察すれば、この現象はこう理解出来ます。

失敗や失恋した時は自己評価が下がっています。

つまり自信を失っていて、ダメな自分と比較して、周りのものが魅力的に見えやすい状況に陥っていています。

詐欺師などがターゲットにしているのも、こういった何かを失って悲しみを背負い、何かにすがりたいと思っている人です。

いつもなら見向きもしない、信じないものでも、今の現状から抜け出したいが為に、すんなり受け入れてしまうのです。

恋愛に置き換えれば、これまでまったく目にも留まらなかった、好みのタイプとはほど遠い異性からのアプローチに対して応えてしまいます。

特に振られた後などは外見だけでなく、内面にまで目が行くようになるから不思議です。

イケメンと付き合ってもいつ振られるか判らない不安に怯えるだけ、私を愛してくれる人こそ運命の人だと、まるで自分に言い聞かせるように。

初めはそんなに好きでもなかったけど、付き合っていくうちに大好きになったという話はごまんと溢れているわけで、それを多くの女性は運命と捉えるようです。

大きな失敗や失恋の後の出会いは運命ではなく、あなたが求めた必然なのです。

環境が変わると出会いが増える

環境が変わると新しい出会いがあるのは当然ですよね。

ですから、今出会いがないと嘆いている人は、むしろ自ら環境を変える必要があります。

今の出会いがない生活リズムを今後何年繰り返したって、運命の出会いが訪れる可能性は万が一の確率でしかありません。

いや、万が一もないかもしれません。

人は慣れない環境に置かれることを嫌い、新しいことにチャレンジすることは面倒で力が要るため、できるだけ避けたいのが本音です。

でも恋愛に限らず人生において成功を手にする人は変化を恐れず、何にでも飛び込める勇気を持っている人。

それはスキルがどうのこうのより、「まずはやってみる」ことができる人なのです。

仕事における変化

仕事における環境の変化は、栄転などがある男性とは違って、女性の場合の多くは希望しない部署異動や、会社の都合であったりします。

そんな時にはやる気も失せてしまいますが、前を向いて新しい業務に打ち込むことで運が舞い込むことがあります。

あなたの働きぶりや仕事への姿勢が認められて社内での評価が高まれば、取引先との交流会へ連れて行ってもらったり、同僚や上司から有能な部下(男性)を紹介してもらえるチャンスだってありますよ。

また、新しい取引先とのやり取りで、運命の男性に出会える可能性も0ではありません。

仕事環境の変化をチャンスと捉えるくらいの気持ちを持てば運をたぐり寄せることも不可能ではありません。

私生活での変化

もしかして、帰りが遅いことを理由に会社と自宅を行き来するだけの毎日に陥っていませんか?

たまに早く帰っても自宅でテレビを見たり、ゲームに没頭して時間を浪費していませんか?

特段趣味がないからと言い訳しないで、新しいことにチャレンジしてみましょうよ。

何か趣味をもつ、習い事を始める、好きなものを見つける、自らマンネリの私生活から抜け出す努力をしましょう。

料理やフラワーアレンジメントなどの女性的なものも悪くはありませんが、思い切ってカメラ(写真)やスポーツ観戦など男性が興味があることに手を出してみると出会いの機会はグッと増えます。

ここだけの話、特にカメラなどは多くの男性が趣味としているため、カメラの講習会や撮影会など多くの出会いが期待できるイベントもあって、意外とチャンスが多いんです。

ひめ焦左

カメラって、なんかオタクが多い気がするんですが・・・。


ぱる真剣右

でも、今はインスタやってる男性も増えてて、上手に取りたいってカメラを勉強する人も多いらしいよ。


エリ笑右

そう、確かにオタクっぽい人も多いけど、若い人にも撮影に興味があるって人が増えてるのよ。
中にはイケメンやおしゃれや流行に敏感な男性もたくさんいるわよ。

そういう人との出会いがあれば、共通の趣味から話が盛り上がり、お付き合いに発展することはそう難しいことではありません。

また、王道のスポーツ観戦はサッカーや野球など、熱狂的なファンは同じチームを推しているだけで仲間意識が強いため、うまく意中の人がいる輪の中に入り込む事ができます。

まずはお友だちを誘ってスタジアムに足を運んでみませんか。

同じ人に何度も出会う

思いもよらない場所で、思いもよらない異性と何度も出会うことがあれば、運命を感じずにはいられません。

否が応でもその男性のことは気になりますし、回数が多ければ多いほど気になる人になる可能性は高まります。

実は何度も繰り返し会ったり目にしたりする人を運命の人だと感じてしまうという現象は心理学の「単純接触効果」で説明できます。

単純接触効果では、文字通り接触する回数が多いほど、そのものや人に親近感がわくことが証明されています。

思い出してください、お店でカレー粉を買おうとして商品を物色したときの事を。

あなたが手に取った商品はCMで良く見かけるものではなかったでしょうか?

無意識に何度も見聞きするものに対して、人は親近感を持ち、それが良いものであると錯覚します。

あなたは偶然それを手に取ったのではなく、取らされたのです。

もし本当にあり得ない偶然が重なり何度も同じ人に会うというなら、それは奇跡的な偶然が確かに起こったに違いありません。

ただ、その事で運命を感じて恋に落ちたというより、正確には単純接触効果が働いて必然的に好意をもったと理解する方が自然でしょう。

単純接触効果で運命を演出できる

そう考えると、イベントなどで何度も遭遇する男性、通勤途中に見かける男性、よく声をかけてくれるサークルの男性など、あなたが偶然だと思っている男性は、もしかしたらあなたの行動を熟知していて、この心理術を巧みに利用している確信犯かもしれません。

この心理術をうまく使いこなすことができれば、ありふれた出会いを「気がついたら恋に落ちていた」というような運命的なものに演出できるでしょう。

良く顔を合わせる女性に運命を感じたと意中の相手に思わせてみたいですね!

恋愛に執着しなくなる

彼氏が欲しいと必死になりすぎている人って、片っ端から声をかけたり、次から次へと好きな人が変わったり、こんなに「行動しているのになんで彼氏が出来ないの?」ってよく言います。

行動するってことはとっても大切なので間違ってはいないんですけど、ズバリ心に余裕がないことを相手に見透かされているんですよ。

相手からすれば、この子と一度でもデートしてしまったら、「なんかまとわりつかれそうで怖い」、「ちょっと積極的すぎて引いてしまう」って思われるんですね。

これ、恥ずかしながら私も経験があって、あるきっかけから状況が一転したんですが、それが次のエピソードです。

不思議なことにあんなに欲しくてたまらなかった彼氏を作るためにがむしゃらになっていた時より、無欲になった途端、簡単に彼氏ができることがあるって信じますか?

欲がなくなったらモテだしたエピソード

20代前半、周りは彼氏がどんどん出来ていってるのに、一向に自分には彼氏が出来なくて悩んでいた時期がありました。

その時は焦りからか、合コンなどでは気に入った男子の席に積極的に座ってアピールに必死だったんですが、全然モテませんでしたね。

そうこうしながら、告白しても振られてばかりで、あまりにもうまく行かないので、疲れてしまって半分諦めていたんです。

でもなんか悔しくて、「絶対見返してやる!」って誓ってから始めたことは、まずはだらしない体をなんとかしようと思い立ったことでした。

ジムに行くお金はなかったので、ウォーキングを続けていると、社会人になってから気になっていたお腹周りと下半身が明らか引き締まっていくのを実感。

すると人って欲張りなもので、もっとキレイになりたいとファッション雑誌を読みあさっては、これチャレンジしてみたいとお洋服を買ったり、コスメの体験会に参加したり、明らかに自分の意識も変わっていくのを感じました。

そして自分磨きを半年くらいしたころでしょうか、明らかに私自身と合コンでの男子の反応が変わっていたんです。

あれほど合コンでは彼氏を作ろうと一生懸命だった自分が、いざその場に参加してみると平常心でいられて、むしろ男性の方から私にアプローチすることが増えてきたんですよ。

これまでなら飛びついていたイケメン男性のことはいったん置いておいて、隣に座ったどちらかというとイケメンでない男子にも優しく対応できたり、話を聴くことができたり、これには我ながら少々驚きました。

半年間自分磨きに努力してきたことで、間違いなく心に余裕が出来ていたんだと思います。

そのとき、以前は彼氏をゲットしたいという思いが強すぎて、関心のない男性には見向きもせず、「自分の思いばかりを優先する女性を誰が魅力的に思うのか?」って気づかされました。

残念ながら昔の私は自分のことはなんにも見えてなかったんですね。

自分磨きをしたおかげで欲がなくなったと言うより、多少なりとも外見的も内面的にも自分に自信を持てたんです。

すると以前のような強欲がなくなって、お友だちからも「エリちゃんなんか変わったね」って言われるようになりました。

自信を持った女性は男性でもピンと来るものがあるようで、明らかにモテ期到来したのを今でもよく覚えています。

結局振られた彼を見返すことはなかった(と言うよりすでにその彼の事を見返そうとも思わなくなっていた)のですが、もっと素敵な男性からお付き合いを申し込まれました。

恋愛がうまく行かない人はまずは自分磨きがおすすめです!

運命を感じる正体は「類似性の法則」

運命を感じたという人が口を揃えて言うのは、考え方や感じ方が似ている、偶然にも趣味が同じだった、出身地が同じだった、二人とも○○のアーティストの大ファン、挙げればキリがありませんが、これらに共通することは「類似性の法則」によって惹かれ合った点です。

人は自分との共通点が多い相手に親近感を覚えて好意を感じることが心理学的の実験によって明らかになっています。

アメリカの心理学者のマーロンが行った調査によると、長く良い関係が続いている友人同士は、職業や学歴、宗教などの類似性が他人よりも高かったそうです。

共通点が多いというだけで無理して相手に合わせる必要も少なくなり、それだけで安心感を抱きます。

運命の人の正体は「自分との類似性を多く見いだすことが出来る人」か「自分にないものを持っていてそれを補うことが出来る人」であると私は考えています。

あなたも運命の人になれる!

運命的な出会いや人が類似性の法則と関係があるとすれば、意図して運命の人になることだって出来ます。

もし意中の人と親しくなりたいと思うなら、その人のことをとことん知る努力と、彼の好みに合わせる努力をすればいいんです。

普段からの彼の会話や行動に手がかりはたくさんあるはずです。

「こんな時だったら彼はこう考えるかな?」、「彼が好きな音楽を聴いてみよう」、そんな努力をしてみながら彼の考えや行動に共感してみましょう。

ぱる困左

今世間では○○した方が良いって言われているけど、✕✕した方が絶対良いよね?


ハンサムさん右

えっ、ぱるちゃんも? 実はオレもそう思ってた!
・・・へぇ、意外だなぁ、ぱるちゃんと話合いそう。

あなたに運命の出会いが訪れないワケ

運命の出会いが訪れないと嘆いている人ほど待ちの姿勢であることが多いようです。

それは婚活サービスに登録している人などにも多くって、登録さえしていれば良い出会いに恵まれると勘違いしちゃうのかも知れません。

婚活サービスを利用して結婚できる人の多くは、積極的に行動している人です。

一歩を踏み出さなければ時間だけが過ぎていってお金と気力がどんどん減っていきます。

歴史の教科書にも登場するイタリアの政治思想家のマキャベリは運命についてこう述べています。

「運命は我々の行為の半分を支配し、他の半分を我々自身にゆだねる」と。

つまり運命的な出会いに巡り会うのも半分は自分の意思決定が重要であるということです。

まとめ:運命の出会いは幻想、行動するしかない

こうやって冷静に分析していくと、ますます運命の出会いとは、自分自身の考え方や行動によるものが大きいと思ってしまいます。

そう言ってしまえば少女漫画に出てくるような白馬に乗った王子様は幻想となり、夢も希望も薄れてしまうのですが、ひとつハッキリしていることは、待っているだけでは運命の人には出会えないと言うことです。

面倒だと断った飲み会や交流会、興味がないからと家に引きこもっていては出会えるはずの運命の人にも出会えることはないでしょう。

「私の王子様は今どこにいるの?」

そろそろ夢から覚めましょう、運命の出会いはあなた自信でつかみ取るしかないんです!

運命より確実な出会いをしよう

見た目も大事ですが、本当に幸せをつかむ人は自分との相性が良い人を捕まえる達人でもあります。

新しい一歩を踏み出してみませんか?

withでは定期的にDaiGoさん監修の心理テストなどのイベントを開催、心理学を駆使した的確な恋愛診断をやってます。

\DaiGoさん監修の心理テストであなたの恋愛行動を診断!/