友達から恋人になるまでのエピソードと「フット・イン・ザ・ドア」

意中の彼とは友人関係だけど、いずれは彼と付き合いたいというシチュエーション、あなたも経験ありませんか?

でも、どうやったら彼の気持ちをつかんでお付き合いまでもっていくことが出来るのかまったくわからないし、難しい恋の駆け引きも苦手っていう方は多いんですよね。

それだけでなく、思い切って告白してもいつも振られてばかりで自分自身にうんざりしているなら、今のあなたの恋愛プログラムを変えなければなりません。

かたや見た目も性格も普通なのに、いつも意中の彼のハートをゲットできる女性は、自分の要求を聞いてもらうすべを知っているのです。

その答えのひとつである段階的に要求を受け入れてもらう心理術なら、あなたの願いを叶えてくれる可能性は高いでしょう。

私の友人が意中の彼と友人関係から恋人になるまでの過程と今回紹介したい心理術「フット・イン・ザ・ドア」の威力を紐解きながら解説していきます。

なお、この話には前段がありますので、お時間があるなら、先に下記を読んでもらえるとより理解が深まります。

告白が受け入れられない原因

恋する女性には大きく分けて相手からの告白を待つタイプ(告白させる上級者もいます)と、自分から告白するタイプがいますが、もしあなたが後者であれば彼氏が出来る可能性は高い方だと思います。

しかし、告白すれどほとんど受け入れてもらえないとすれば、その要因はだいたい想像できます。

あなたは下記のどれかに思い当たるふしはありませんか?

~告白がうまくいかない人に見られる傾向~

  • 好きになったらどうしても想いを伝えたい
  • 恋の駆け引きはめんどう
  • 告白するなら早いほうが良い
  • 相手の気持ちを白黒ハッキリさせたい
  • 告白がダメでもすぐ切り替えが出来る方

これらの傾向に共通していることは、「相手の気持ちは二の次で自分本位」「せっかちで空気が読めない」という点です。

さらに振られグセがついている人は、諦めが良すぎるケースも多く、チャンスを逃して貴重な時間を浪費しています。

最終結論を焦っていませんか?

私がそうだったように、恋愛経験が少ない女性は、想いを伝えることが目的になっていることがあります。

想いを伝えなければ相手に伝わらないのは当然ですが、それまでの過程で相手にあなたのことを知ってもらう行動や努力はしてきましたか?

恋に夢中になっているうちは、相手の行動や言動、性格などを知ろうと一生懸命になりますが、自分のことを相手に知ってもらうアプローチは全然やっていないって人が本当に多いんです。

相手もあなたのことを気にかけているのであれば、勢いで告白しても成功する可能性は高いでしょうが、もしも相手があなたのことを異性としてではなく、ただの友達として見ていたのであれば、突然告白されても動揺の方が先に来るはずです。

あなたのことを良く知ってもらえていないのに自分の気持ちを満たす為だけに告白しているとしたら、それは成功するはずがありませんよね。

いきなり高い要求は失敗する

意中の相手があなたのことを異性としてまだ何も意識していないとしても、「付き合ってほしい」という好意は相手にとって嬉しいものです。

でも、時期早々、ちょっと高すぎる要求かも知れません。

想定以上の好意は、時によっては警戒の対象となります。

恋愛でもプロローグ(物語の導入部分)が抜けていると正しく状況を理解することが難しくなりますよ。

ひめ焦左

うっ、心当たりがありすぎて胸が痛い・・・。


ぱる困右

恋の駆け引きなんて難しそう・・・。
告白のタイミングが全くわからない!


エリ困右

あなたたち、いきなり告白するなんてある意味いい度胸だわ。
心の準備運動がない状態で結論をせかしたら玉砕は必死よ!

告白が受け入れられる方法

ビジネスの世界でも有名な心理学の法則で「フット・イン・ザ・ドア」というものがあります。

直訳すると玄関のドアに足を入れる、つまり、まずは相手の心のドアを開けさせようというもので、はじめは小さな要求を承諾してもらい、だんだん要求を大きくしていく心理術です。

忙しい時や心に余裕がないときに、「ちょっと時間をもらえない?」と声をかけられると、心の中では「え~っ、イヤだなぁ」って構えてしまいますが、「1分でいいから時間をもらえない?」と声をかけられたらどうでしょう?

少々忙しくても「その程度ならいいか・・・」と受け入れてくれるはずです。。

でも実際は1分で話しが終わることがないのがほとんどで、相手も「ハイ、1分たちましたのでおしまい!」とは言わないでしょう。

人は小さな要求なら「簡単な頼み事も応えてあげられない心の小さな人間だと思われたくない」との心理が働くので、受け入れる可能性が高いのです。

フット・イン・ザ・ドアとは?


もともとはビジネスの世界において、セールスマンが開いたドアに足を入れ、話だけでも聴いて欲しいという小さな要求を足がかりに、最終的には商品を買ってもらうという話に由来しています。

フット・イン・ザ・ドアは恋愛でも有効

ビジネスと同様に恋愛においても活用できるこの心理術は、例えばラインやメルアド交換など、よほど嫌われていない限りほとんどの人が応じてくれます。

何か小さな要求を受け入れた後、少しだけハードルが高い要求をしても断りにくいという心理が働きます。

今度は、時々ラインしても良いかというお願いしても、断られることはないでしょう。

このように、少しずつ要求のレベルを上げていくわけです。

ただ、気を付けてほしいことは、一度に何度も要求を重ねたり、一気に高すぎる要求をして相手に強いストレスや嫌悪感を感じさせてはいけません。

そのときはどうにか要求に応えてくれたとしても、次回からは小さな要求も受け入れてもらえなくなるからです。

要するに一度成功したからといって調子に乗ってしまっては、相手から警戒されてしまい通用しなくなるんですね。

フット・イン・ザ・ドアはあくまで自然体を装うことが大切です。

ハンサムさん右

ん? ぱるちゃんからラインだ。


ぱる困左

向井さんこんばんわ。
実は今度お取引先の接待を任されることになったんですが、初めてでどんなお店を予約したらいいか全然わからなくて・・・。
いいお店とかご存じでしたら教えてくれませんか?


ハンサムさん右

ああ、知ってるよ。
うちが良く利用する洋風の居酒屋があるんだけど、結構取引先から好評だよ。


ぱる笑左

やったー! 場所と電話番号とか教えてもらえませんか?


ハンサムさん右

六本木にある○○っていうお店で、電話番号は・・・だよ!

ハンサムさん右

あっ、またぱるちゃんからラインだ。


ぱる真剣左

向井さん、先日はありがとうございました。
お店予約できました。今日はちょっとお願いがあって・・・。
もし都合があえばでいいんですが、お仕事帰りに下見に行こうと思ってて、ちょっとだけお付き合い頂けたら嬉しいなぁと。
接待するのは初めてなので、教えてほしいこともあるし、30分くらいお時間もらえたりしませんか?
日時は向井さんに合わせますので。


ハンサムさん右

う~ん、そうだなぁ・・・水曜日なら大丈夫かな。

ぱる笑左

あっ、向井さんだ!
今日は忙しいところお時間作ってくれてありがとうございます。


ハンサムさん右

あぁ、どうせ帰り道だし。
ぱるちゃんも大変だね~。


ぱる真剣左

あのぉ・・・、せっかく来たので接待のマナーとか教えてもらいながら軽く一杯飲んでいきませんか?


ハンサムさん右

そうだね、一杯飲んでくか!

と、まぁこんな感じです。

何気ない会話のようですが、小さな要求をひとつひとつステップアップしていることがお判りでしょうか。

接待のない看護師などの場合は、新人の歓迎会、交流会などの幹事に置き換えて相談してもいいですね。

友達から恋人へのエピソードと彼女がやったこと

前回の「ドア・イン・ザ・フェイス」で紹介した友人の話の続きです。

別れた彼女のことを引きずっていた彼から振られてしまった友人は、せめてお友達でいさせてほしいとお願いし、彼も承諾してくれました。

その後、たわいのないラインのやり取りや、時には彼の友人も含めて飲みに行ったりを続けていました。

実はこのとき、私は今回紹介している心理術「フット・イン・ザ・ドア」を試してみるよう、アドバイスしていました。

友人は焦らず、ゆっくりと、立ち直れずに苦しんでいる彼の気持ちも理解しながら、少しずつお願いをしていったんです。

今度、みんなで飲みに行こうよ。

毎週木曜日の夕方に仲のいいメンバーでバドミントンサークルやっているんだけど、○○くんも来なよ、たまには運動してリフレッシュしなきゃ。

8月の花火大会、△△くんと□□ちゃんを誘ってるんだけど、一緒に行かない?

来月、お仕事でお世話になってる先輩の転勤が決まって、女性メンバーでプレゼントあげたいねって話しているんだけど、男性は何を貰ったらうれしいのか分かんなくて・・・。ちょっとお買い物付き合ってくれないかな。

そう言えば、青山に美味しいスィーツの店が出来たんだよ!今度一緒に行こうよ。

そして12月、彼女が思いもしなかったことが起こりました。

イケメン右

あのさ、クリスマスって何してる?
もし予定が決まってなかったら、一緒に食事に行かないかなと思って。

もちろん彼女からは二つ返事でオッケーだったのは言うまでもありません。

クリスマス当日、彼女は勇気を振り絞って告白しようと思いましたが、すでに彼の心は彼女に惹かれていて彼の方から告白し、お付き合いすることになったのです。

お友達でいさせてほしいという小さな願いから始まり、時間は掛かりましたが、半年前に本当に望んでいた願いが叶った瞬間でした。

まとめ:小さな願いの積み重ねで本当の望みが叶う

フット・イン・ザ・ドアは短期的な手法として紹介されることが多いのですが、場合によっては彼女のように時間をかけて叶う願いもあります。

自分本位の要求を積み重ねるのは下手なやり方です。

相手が納得できる理由を提示しながら要求をしていくことが成功する秘訣です。

そして、一度にたたみ掛けないこと、ハードルは徐々に上げていくこと。

まずは身近なお友達に試してみてください。

フット・イン・ザ・ドアであなたの願いを叶えましょう。