似たもの同士は惹かれあう恋愛の法則「マッチング・セオリー」効果

あなたが好きになりやすい人は、「価値観や性格が似ている人」と「正反対の人」のどちらですか?

人と人が良い関係を築くための要因を探った調査によると、相手と自分との一致性、または類似性が大きな役割を果たしていることが判っています。

過去の経験において友達関係でも良いのですが、「この人とは波長が合う」、「ウマが合う」、「落ち着く」と感じた人って、どこかしら自分と似たような環境にある人や、考え方や性格が似ていると感じたことはありませんか?

心理学では「マッチング・セオリー」や「類似性の法則」と呼ばれていますが、この法則は恋人同士の関係においても実証されていて、「似たもの同士」ほど関係性が良く、結婚に至る可能性が高いというデータさえあります。

逆に言えば意図して似たもの同士になる努力をすれば、意中の彼とうまくいく可能性が高まるということです。

似たもの同士は惹かれあう恋愛の法則

ある心理学者によれば、類似性の法則は自分と同じ考え方をもつ人がいるということは、自分の考え方が正しいという証明となり、それが相手の好意につながると説明しています。

他にも考え方だけでなく、置かれた環境などが似ていることで自分のことを理解してくれるのではないかという期待感や、無理をして相手に合わせないでも良いという安心感もお互いの距離を縮める役割を果します。

「類似性」は恋愛のきっかけでもあり、恋愛がうまくいく絶対条件といっても過言じゃありません。

見た目に自信がない人でも意中の彼との類似性は恋の大チャンスなんです。

お似合いのカップルとは?

お似合いのカップルとは、どこか雰囲気が似ているカップル、自然体でなにも言わずともお互いの考えていることが判ることであったりします。

そんな二人が並んで歩いていると釣り合いが取れていて、第三者からみてもバランスが良く安心感がありますよね。

仲が良くうまくいってるとファッションが似ていたり、共通の趣味があったり、しまいには表情や顔つきまでも似てきます。

お似合いのカップルは誰から見ても美男美女という外見上の条件だけではないんですね。

恋愛のきっかけがつかめない理由

合コンなどで「素敵な人だな」と思って接近しても話が続かずになかなか恋愛のきっかけすらつかめないのは、お互いの共通点や接点を見つけることが出来ないからです。

友人などを通じて、意中の人が夢中になっていることや趣味、好みなどを事前に聞けるのであれば、十分な準備をしてから飲み会などに望むべきです。

相手の趣味がゴルフだとしたら、プレイしないまでもゴルフ好きになる努力をしてみましょう。

ネットで日本や海外の有名選手を調べて、数名の名前が言えるだけでも相手はあなたに関心を持ってくれる可能性があります。

類似性は恋愛において重要

今ではマッチングアプリが若者の間で出会いの定番となりつつありますが、趣味や職業、好みなどあらゆる個人情報を登録することで、コンピューターが相性を診断して最適な相手を選んでくれるのでカップルになる確率が非常に高いのが特徴です。

過去に遡れば、お見合いなどはお互いが同程度のお家柄であることが成功する最大のポイントになっていました。

外見から内面、また環境などにおいてあまりに差があると逆にうまくいかない方が多いのです。

ひとつでも多くの共通点や類似性を見いだすことが恋愛を有利に進める秘訣です。

マッチング・セオリーの効果

ビジネスの世界でも上司から一目置かれる秘訣は、尊敬よりも真似をした方が効果的です。

スーツの着こなしを真似る、仕事のスタイルを真似る、しぐさや発言を真似る、これらの行動は言葉にせずとも上司にとっては自分を認めて慕っていてくれると感じて好感度が高くなり、結果的に出世への近道になります。

この方法は恋愛でもまったく同じで、意中の彼のファッションや趣味、しぐさを真似することが恋愛成就への近道です。

彼との共通点や類似性をひとつでも多く持っていた方が有利なんです。

初対面でも意気投合する男女

合コンは初対面がほとんどですが、まるで何回も会っていたかのように親しくなる男女がいます。

初対面にもかかわらず急速に仲良くなれるのは、お互いに共通点や類似点を発見したケースが多いのです。

出身地や出身校が同じだったり、しかも共通のスポーツをしている、趣味が合うなど、偶然見つけた共通点が多いほどお互いの距離を一気に縮めて意気投合する可能性が高いわけです。

時にはそれを運命と感じることもあるかも知れません。

しぐさを真似て恋のきっかけを作る

残念ながら初対面では意中の男性との共通点や類似性をなかなか見いだせないことがあります。

でも諦めるのはまだ早くって、意図的に好意をたぐり寄せる方法がありますよ。

自分と似ている人を見ると無意識に好意を感じる法則を利用して、意識的に相手の真似をするんです。

ファッションや趣味や好みなどの事前情報を持ち合わせてなく、何にも準備ができていないのなら相手のしぐさや話し方、身ぶりや動作を真似してみましょう。

相手が笑うと同時に笑う、腕を組むしぐさを真似る、同じ皿の料理を同時につつく、お酒を飲むタイミングを合わせる、騙されたと思ってやってみてください。

動作のシンクロは、やがて感情のシンクロに変わっていきます。

ある心理学の実験では初対面の男女を部屋に入れ会話してもらうのですが、このうち一人にだけ相手のしぐさを真似しながら会話するように指示したところ、なにも知らずに会話をしていた相手からは、「相手に好感をもった」、「相手の人は自分に好意があると感じた」との感想をもらったそうです。

なんとなくこの人とは波長が合う、居心地が良いと勘違いさせることはそう難しくありません。

ただ真似るだけです。

彼の好みを知っていた彼女の秘策

会社の慰労会で気になる彼と一緒にお酒を飲む機会を得た彼女は、「彼がスィーツ好き、特にチョコに目がない」という情報を入手し、当日はデパ地下で買ったちょっといいブランドのチョコをバッグに忍ばせていました。

運良く彼が隣の席に座ってしばらく会話をしていたのですが、おもむろにバックに手を伸ばして「吉沢君がチョコが好きだっていうのを聞いたんだけど、実は私も甘いものが大好きなの」、「この間デパ地下に新しいお店がオープンしたからチョコを買って来たの」とわざわざ今日のために買ってきたチョコを取り出しました。

ぱる笑左

じゃーん、これ吉沢君と一緒に食べたくって。


ハンサムさん右

えっ、これ△△のチョコじゃん、高いでしょコレ。


ぱる真剣左

さすがだね、△△のチョコ知ってるなんて。
そう、これ前から食べたかったんだけど、どうせならチョコ通と食べたかったんだよね。


ハンサムさん右

いやー嬉しいなぁ、ラッキー、ありがとう!

彼はちょっと驚いたようでしたが、美味しそうに食べてくれて、スィーツ談義で盛り上がったそうです。

そして、会も終盤に差し掛かった頃、彼の方から「もし良かったら今話題の○○にあるスィーツ店に一緒に行かない?」って誘われて、その後はトントン拍子にお付き合いに発展したのは言うまでもありません。

のちのち聞いた話ですが、あの時彼は「自分がスィーツ好きだと誰から聞いたのか不思議だったけど、自分に気があるんだと思った」そうです。

そして、「男性なのにスィーツ好きだというのが恥ずかしくて隠していたのに、思いもよらず意気投合したことで、あの日から気になる人になった」との事でした。

用意周到に類似性をアピールした彼女の作戦勝ちでした。

まとめ:似たもの同士は恋愛に発展する可能性が高い!

気になる異性と趣味や環境などの共通点があれば大チャンス、そこから活路を見いだすような会話や準備を心がけてください。

もし、共通点がなかなか見つからなくても大丈夫、彼が好きなことをあなたも好きになって、彼と似たもの同士になる努力をしてみましょう。

合コンや飲み会では彼のしぐさや言葉づかいに注視して、こっそり真似してみてください。

恋愛においてあなたと彼の共通点や類似性はそれだけで好感を与える効果があります。

それを利用しないなんてもったいない、相手の心を上手につかむ女性はこの法則を巧みに操っています。

意中の彼と動作も心もシンクロして恋のきっかけをつかみましょう!